結婚から子育てまでみんなのきらきらした毎日を応援します。

ひめコミュ

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は違うものですか?

専門家からの回答

2015/11/03

乳児湿疹は、赤ちゃんの湿疹という大まかな言い方で、医師によって使い方がずいぶん違います。アトピー性皮膚炎かどうかははっきりしない場合、とりあえず乳児湿疹ということもあります。赤ちゃんの頃に湿疹がひどくても1歳半頃には、きれいになっていくことも多くあり、アトピー性皮膚炎とははっきり診断しない場合もあります。かゆみのある湿疹は赤ちゃんにとっては不快なものです。そのうちに治るからと放置しておくのではなく、きちんと治療して、皮膚をきれいな状態にしてあげましょう。

日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎(以下アトピー)の診断基準では、①痒(かゆみ)、②特徴的皮疹と分布、③慢性・反復性経過の3項目を満たすものをアトピーと診断します。乳児のアトピーでは頭・顔にはじまり、しばしば胴体・手足に下降するという特徴があり、2カ月以上の慢性経過を参考に診断します。アトピー以外で多いのは、洗剤かぶれやホルマリン(乳幼児以外の新品の衣類の形状安定加工や衣類の染色に使用されたり、建材・家具の接着剤、プラスチック製品などに含まれ、布に吸着されやすい性質がある)によるかぶれです。

【書き込みについて】

ひめコミュへの投稿についてはウェブ上からは行えません。アプリ「きらきらナビ」から投稿する事ができます。

>アプリ「きらきらナビ」についてはこちら

【注意事項】

ひめコミュの回答内容については、各医師や保健師、学会等のそれぞれの見解を掲載したものが含まれます。また、全ての方に一律に該当するものではありませんので個別の事案については、各専門機関へ御相談ください。

>監修者一覧はこちらから